NSB-3NRシリーズNAS : 中身1

本記事では、NSB-3NR NASの中身に迫ってみます。

カーネル

$ uname -a
Linux NSB3NR 3.4.86 #1 SMP PREEMPT Wed Jun 28 15:39:33 JST 2017 armv7l GNU/Linux
$ cat /proc/version
Linux version 3.4.86 (igarashi@igarashi-VirtualBox) (gcc version 4.5.2 20101126 (Linaro) [release 4.5-2010.12-0] (GCC) ) #1 SMP PREEMPT Wed Jun 28 15:39:33 JST 2017

CPU

$ cat /proc/cpuinfo
Processor       : ARMv7 Processor rev 1 (v7l)
processor       : 0
BogoMIPS        : 1594.16

processor       : 1
BogoMIPS        : 1594.16

Features        : swp half fastmult vfp edsp neon vfpv3 tls
CPU implementer : 0x41
CPU architecture: 7
CPU variant     : 0x2
CPU part        : 0xc09
CPU revision    : 1

Hardware        : CORTINA-G2 EB
Revision        : 7542a1
Serial          : 0000000000000000

SoC Cortina Systems CS7542のCPUは、ARMv7が2コアとなっています。

メインメモリ容量

$ free -m
             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:           869        181        687          0          0         11
-/+ buffers/cache:        169        700
Swap:          953          0        953

マウントされているファイルシステム

$ mount
rootfs on / type rootfs (rw)
/dev/root on /rom type squashfs (ro,relatime)
devtmpfs on /dev type devtmpfs (rw,relatime,size=444884k,nr_inodes=111221,mode=755)
proc on /proc type proc (rw,relatime)
sysfs on /sys type sysfs (rw,relatime)
tmpfs on /tmp type tmpfs (rw,nosuid,nodev,relatime)
devpts on /dev/pts type devpts (rw,relatime,mode=600)
/dev/mtdblock5 on /overlay type jffs2 (rw,relatime)
overlayfs:/overlay on / type overlayfs (rw,noatime,lowerdir=/,upperdir=/overlay)
/dev/md1 on /nasmiru type ext2 (rw,relatime,errors=continue)
/dev/md3 on /openwrt/usr/local/system/backup type ext4 (rw,relatime,data=ordered)
debugfs on /sys/kernel/debug type debugfs (rw,relatime)
nfsd on /proc/fs/nfsd type nfsd (rw,relatime)
/dev/sda6 on /volNAS/Disk1 type xfs (rw,relatime,attr2,noquota)
/dev/sda6 on /shares/share type xfs (rw,relatime,attr2,noquota)

システムに関しては、ベースとなるSquashFSの上に、mtdに配置されたoverlayfsが覆いかぶさっている形となります。

HDDのパーティション

$ parted -l /dev/sda
Model: ATA WDC WD20EFRX-68E (scsi)
Disk /dev/sda: 2000GB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: gpt

Number  Start   End     Size    File system     Name       Flags
 1      21.0kB  1000kB  979kB                   SYS
 2      1049kB  1000MB  999MB                   SYSRFS1
 3      1000MB  2000MB  999MB   ext2            SYSRFS2
 4      2000MB  3000MB  1000MB  linux-swap(v1)  SWAP
 5      3000MB  4000MB  1000MB  ext4            SYSBACKUP
 6      4000MB  2000GB  1996GB  xfs             primary


Error: /dev/md0: unrecognised disk label

Model: Linux Software RAID Array (md)
Disk /dev/md1: 999MB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: loop

Number  Start  End    Size   File system  Flags
 1      0.00B  999MB  999MB  ext2


Model: Linux Software RAID Array (md)
Disk /dev/md2: 1000MB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: loop

Number  Start  End     Size    File system     Flags
 1      0.00B  1000MB  1000MB  linux-swap(v1)


Model: Linux Software RAID Array (md)
Disk /dev/md3: 1000MB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: loop

Number  Start  End     Size    File system  Flags
 1      0.00B  1000MB  1000MB  ext4

MTD

$ cat /proc/mtd
dev:    size   erasesize  name
mtd0: 00100000 00020000 "uboot-env0"
mtd1: 00100000 00020000 "uboot-env1"
mtd2: 00100000 00020000 "sb0"
mtd3: 00100000 00020000 "sb1"
mtd4: 09600000 00020000 "rootfs"
mtd5: 0aa00000 00020000 "rootfs_data"
mtd6: 00600000 00020000 "kernel1"
mtd7: 09600000 00020000 "rootfs1"

ポートの状況

# nmap 192.168.1.100

Starting Nmap 7.01 ( https://nmap.org ) at 2017-10-19 11:58 UTC
Nmap scan report for 192.168.1.100
Host is up (0.00050s latency).
Not shown: 988 closed ports
PORT      STATE SERVICE
22/tcp    open  ssh
80/tcp    open  http
111/tcp   open  rpcbind
139/tcp   open  netbios-ssn
443/tcp   open  https
445/tcp   open  microsoft-ds
873/tcp   open  rsync
880/tcp   open  unknown
1723/tcp  open  pptp
8001/tcp  open  vcom-tunnel
9090/tcp  open  zeus-admin
10000/tcp open  snet-sensor-mgmt

880/TCPでは、”GoldenGate NAS” というタイトルがついたページが表示され、rootでログインすると、OpenWrt由来のluciという管理ページへアクセスできます。


  
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. takazo より:

    先日セールで1TBの機種を購入しました。
    sshでのログイン情報が見つからなかったのですが
    どちらかに記載されているのでしょうか
    ご教示頂けますと幸いです

    • 管理人 より:

      1TBモデルはドライブ単体の価格にだいぶ近いところまで値下げされたみたいで、お得感が強いようですね。

      私が保有するのは2TBモデルですが、rootユーザーで Fmfdp03! (8文字)にてログインできました。参考になれば幸いです。

      • takazo より:

        ありがとうございました、SSHでログインできました
        SAMBAも3.x系でSMB2等は実施できなそうですね
        壊れるの覚悟でSAMBA4.xにアップグレードしてみようかな

  2. […] サーバが初期状態で有効になっているらしく ユーザ root パスワードは https://tech-up-now.com/nsb3nr-inside-1 参照。 […]

  3. […] テックアップナウ! – NSB-3NRシリーズNAS : 中身1 rootログインして、システムの中を探索されています。 […]

  4. […] テックアップナウ! – NSB-3NRシリーズNAS : 中身1 rootログインして、システムの中を探索されています。 […]